お金を借りるならプロミスがいいらしいけど何がいいのか聞いてみた

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるプロミスのキャッシングローンです。

決まった日時に借入残高の利息が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利子を極力安くする一番有効な方法なのです。

返済方法には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済は多収入が多かった時にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

消費者金融各社の借入れ条件やデータを比較したい場合ランキングサイトを見れば一覧できます。

消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に詳しくない人でも、簡単に比較や選択することができます。

しかも公式サイトへのリンクを貼っているサイトが大半なのでランキングサイトを見てすぐに手続きをすることができます。

又、消費者金融の一覧サイトの中には、審査に申し込む時の記入方法や審査をクリアするためのコツなどが記載されていることもありますよ。

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、簡単な手続きで借り入れることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高い金利で借り入れをして人がいたようです。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

払い過ぎた金利は返還してもらうことができますが過払い金が発覚した場合の払い戻し請求には期限があります。

完済した日から10年経過すると時効になってしまい過払い金の請求権を失いますから身に覚えのあるという方は過払い金請求に詳しい法律事務所に連絡してみることをおすすめします。

お金を貸し付けてもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

少し前までは銀行からお金を借りるとなると、融資までにかなり時間がかかりましたが最近は銀行でもプロミスのカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関は基本的にお金を貸して得られる利子で銀行の金利と消費者金融の金利を比較した場合、消費者金融の金利の方が高ことが一般的です。

しかし、銀行カードローンの中には消費者金融よりも金利が高く設定されているものもあるため一概に消費者金融プロミスのほうが銀行カードローンよりも金利が高いとは言えないのです。

消費者金融プロミスのキャッシングの審査というのは比較的審査に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、落ちる原因があると思います。

まず、過去に自己破産をした人や返済が滞った事がある人は要注意人物としてマークされ、承認が下りない可能性があります。

消費者金融プロミスには貸金業法に基づいた総量規制があり年収の1/3を超える借り入れはできない規則に引っかかっている可能性もあります。

つまり、年収300万円の人は100万円までということになりますが、その人がすでに50万円の借金がある場合は新規カードローンでは50万円が限度額ということです。

又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査が厳しくなるのは言うまでもありません。

お金を融通してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、消費者金融プロミスの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、消費者金融のプロミスのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、年収や他社からの借入の状況によっても限度額が大きく変化します。

参照サイト:プロミス借りたらどうだった?【10万借りた口コミ】

消費者金融プロミスの方が銀行カードローンよりも諸々の条件で不利ですが、銀行カードローンと比べると消費者金融のプロミスのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめできます。

審査から結果の通知も早く、即日融資も可能なのでとにかく急いで借りたい、手っ取り早く借りたいという人にはおすすめです。

カードローンを申し込むにはいくつか方法があり一般的には、郵送や電話インターネットによる申し込みがあります。

郵送を希望する場合は、店舗などから申込書を入手して必要事項を記入後に返送して審査結果を待つという流れになります。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。

ちなみに、パソコンやスマホからの申し込みの場合ローン会社のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけでOKです。

審査通過メールが届き次第、記載されているサイトへアクセスして必要書類をスマホ等で撮影してアップすればOKというweb完結が今の主流です。

消費者金融のプロミスのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

しかし、プロミスのカードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが絶対条件になるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む場合には、プロミスのカードローンは解約しておくことをおすすめします。

わりと簡単に借入可能と言われているのが消費者金融プロミスですが審査能力は非常に高いです。

審査のハードルが高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融プロミス業者ということは、あまり知られていないのではないでしょうか。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融プロミス業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行為替や預金などの業務の一部として金融も行っているにすぎないため融資を本業とする消費者金融プロミスの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

人気が高い金融機関の理由は金利が安い、審査が早いなどがあげられます。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもいずれも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差がないのです。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機があること、提携ATMが多いことがランキング上位の条件のようです。

又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも大きく影響していると思います。