平均年齢の高まりに従い、養護施設でも看護師の需要は高まりをみせてきているのです。

他方、大きな会社になると医務室などにも看護師が詰めていて、健康診断や健康相談、ストレスなど精神面のサポートを業務にしています。

このようなケースでは、その会社に雇ってもらうこともあるのではないでしょうか。

看護師なんて月給は安いし、夜の勤務もあることが多く、激務だといえます。

けれども、看護師の仕事にも良い点はたくさんあるんですよ。

入院している患者さんにありがたく思ってもらえることも多いです。

それに、近頃では、自立した女性という印象のため、婚活でも人気があります。

高齢化社会が進み、福祉の世界で看護師のニーズはとどまることを知らないのです。

そして、大きな会社にもなると看護師さんを雇用していて、様々な角度から健康、ストレスなどのサポートをやっています。

このような事象では、その会社の社員になるということもあるやもしれないでしょう。

看護師をやっている男性の賃金はどの程度あるのか、知っているでしょうか。

給与だけをみれば女性の看護師と同等程度となっています。

そういった訳で、性別の違いで大幅な違いが出てしまうということはないのです。

賃金の具体的な額については勤務する職場によっても変わっているのですが、他の職業よりも給料がよくなっています。

最近の交代勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。

職場が外来であれば、交代制になるとは限らないのですが、ほとんどの場合、病棟に多くの看護師が必要になるので、まだ勤務年数が短いうちは確実にシフトを組んで働くことになるでしょう。

個人的な話ですが、妻も子供が小さい時に看護師としてシフトを組んでいた為、妻が夜勤で居ないと子供がさみしがってしまって困った事を覚えています。

一般的に、看護師は意欲がそそられる仕事だと考えられています。

どんな仕事でもダイレクトに人とかかわることが少ない傾向にあります。

他方、看護師は他人と深く交わることができ、支えることができるという点で手ごたえを感じる方が多いのかもしれません。

よく知っている看護師が長い間、人間関係で悩んでいたのですが、最終的に先月、退職してしまいました。

このような状況のご時世、新しい看護師を採用するにもそれほど看護師の仕事を希望する人が少ないとかで、病院側はどうしていいかわからないらしいです。

退職されて困るような状況なら、もっと早く、そのような状況にならないように、もうちょっと配慮すれば防げるのにと思いました。

あまりイメージに無いかもしれませんが、看護師の求人がある勤務先に保育園がある事をご存知ですか?保育園に勤めるということで、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、最適な職場でしょう。

ちなみに、どういった仕事かというと看護師として子どもたちの健康をケアしながら、子どもの相手をするなどして保育士の補助をする大切なものです。

看護師が活躍できる場所は、確かに病院が多いですが、他にもあります。

それはどこかというと、介護施設です。

そのうちのグループホームでも看護師の活躍が期待されています。

グループホームの入所条件にあてはまる方というのが、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、気を付けて接する必要があります。

介護方面に興味のある看護師は一つの選択肢として、グループホームで働くというのも考えてみると良いでしょう。

結局のところ、看護師は患者さんの命を左右しかねない業務をしているため、かなり精神的に疲労します。

だというのに、それほど高給ではない給料で一生懸命に仕事をこなしています。

そのような看護師の仕事に対するモチベーションを上げるために、できるだけ給料をアップしてほしいと考えています。

日本での看護師の年収は平均すると、437万円くらいです。

ですが、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員勤務であるので、年収は平均すると、593万円ほどになるでしょう。

公務員看護師は給料の上昇する率も民間病院よりも高く、福利厚生の面でも充実しているのです。

準看護師の場合であると、看護師より、平均年収が70万円くらい下がります。

病院に行ってみると次々と患者の方がくるので、お医者さんや看護師の方は常に忙しそうにしています。

チャチャっとしていたり、大きな声で名前を呼んだり、患者の方に説明したりなどと、性格的にしっかりしていないと勤まらないとても大変な職種だと思います。

しかし、その分、やりがいのある職種だと思いました。

看護師の仕事は、入院病棟と外来で、それに、病院の大きさ次第で、違ってきますが、病気を発症した人やケガをした人のお世話、看護が中心です。

看護を受ける側が安心して病気や怪我の治療をするためにも、看護師という存在はなくてはならないものです。

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べてかなり特殊な上に、職場によっても違ってきます。

現場では一般的に、勤務が2交代、あるいは、3交代のシフト制になっているという病院が大半です。

2交代は大体3割、3交代制は大体7割となっていて、3交代制の病院の方が多いといえます。

ですが、2交代制の方が休みが取れるため、2交代制を望む看護師も多いです。

医療機関、それも病棟に勤務する看護師であれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。

夜勤中の業務については、日勤の場合と比べると医師と看護師も含め、人員がだいぶいなくなり、それなのに、夜半にナースコールが鳴りやまない、重体患者の容体が悪化したなど、通常の作業ではない、不測の事態への対応が増加することになります。

かといってルーチンワークもこなす必要があるので、作業量としてみてみると、大体いつも、日勤より多くなるようです。

関連ページ