銀行が提供するブライダルローンはいわゆる目的別ローンでリフォームローンなどのように使途が限定されたサービスになっています。

使い道を結婚式や新生活の資金と限定することで一般のキャッシングローンと比べて低い金利で融資を受けられるのが大きな特徴です。

これに対して消費者金融のカードローンはというと目的別ローンではなく使途が自由なフリーローンとなっています。

金利はと言うと、消費者金融カードローンの金利相場は3.0%から18.0%なのに対しブライダルローンは5%から7%ですので格段に低いのがわかります。

また、ブライダルローンは数百万円単位で大金を借り入れることができるのに対しカードローンは初回の借入額は数十万円が相場ですから、大金は借りられません。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴でいくらくらいかけるのが相場なのでしょうか?一番多い価格帯は300万円から350万円で全体の約15%で2位は400万円から500万円(約12%)、3位は350万円から400万円(約10%)となっているようです。

平均相場は調査した専門誌などによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用は挙式・披露宴以外にも多くあり新婚旅行の費用や、新居の引っ越し代、家具や家電の購入費用などでプラス100万円以上はかかるでしょう。

更に「おめでた婚」になると出産費用や新生児用品の購入費も必要ですからプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンの返済方法をどのようにするべきか頭を抱えている人も多いと思いますがご祝儀を当てにして返済プランを考えてはいけません。

300万円の結婚式を挙げたとして、その費用をご祝儀で全額回収することは困難といわれており100万円程度の赤字になってしまうのがほとんどのようです。

具体的に計算してみると、1人あたり3万円のご祝儀を包んでくれたと仮定し招待した人が70人の場合、ご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になってしまいます。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残り人たちは一括返済できなかったということになりますから、ご祝儀をあてにするのはやめておきましょう。

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですがどこを注意して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは利用目的が限られているローンなのですが融資を受けたお金の使い道というのは、金融機関によって異なる場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスの場合は挙式と披露宴の費用が含まれていればそれ以外の費用にも利用できます。

ですから、ブライダルローンの選び方で重要視しなければいけないことは資金使途の範囲がどこまで認められているかをということなのです。

金利が低く融資限度額が大きいに超したことはありませんがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

クレジットカード会社のオリコが提供するブライダルローンはブライダルプランという商品名で金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

収入や雇用形態、勤続年数などの条件は厳しくありません。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができブライダルプランでの融資を含め、オリコでの借入れ総額が50万円を超える場合は所得証明書類を提出しなければいけません。

また、他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンに申し込む前に借入残高の確認をする必要があります。

借入先に消費者金融を考えている人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借り入れはできませんので事前にしっかりと計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでにカードローン利用している銀行から融資をと考えている人は特記事項に注意が必要となります。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借入可能ですが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていますので楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか貸してもらえません。

みずほ銀行は最大融資額は300万円ですが、すでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

結婚資金と言うと挙式や披露宴などこだわればこだわった分大金が必要になります。

結婚資金はそれ以外にも新婚旅行や新居の入居費用も必要ですからそれぞれに数十万円ものお金が必要になります。

ブライダルローンはそれらの多額の資金を低金利で貸し出すのですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に源泉徴収票や収入証明書類なども必要になります。

ブライダルローンでは基本的には保証人を立てる必要はないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

ブライダルローンというものは結婚のためにローンを組んでくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱う信販会社などが提供しています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから・・・という人もいるかと思いますがブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!みずほ銀行にはブライダルローンというローンは用意されていないのですが結婚式や新婚旅行にも使えるみずほ銀行多目的ローンがあります。

最長返済期間は7年で、最大融資金額が300万円、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が前年度税込年収の50%以内であることが条件です。

固定金利は年6.700%と低く設定されてるだけでなく、更に低い金利である変動金利も選択できます。

また、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用しているという人、または過去に利用していた人は申込が可能な人は借り入れ時の年齢が満20歳以上、満66歳未満であること、勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

ブライダルローンとカードローンは似て非なるもので両者には大きな違いがいくつかもありますので注意しなければいけません。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

貸出金利についても両者は大きな差があり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンの場合、3.0%から18.0%という金利が相場になっています。

申込手続きや審査に関してもブライダルローンは複雑で時間がかかりますがカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンでは高額な借り入れが可能なのに対してカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

銀行のブライダルローンは楽天銀行や千葉銀行のように専門のローンもありますが多くの銀行では多目的ローンや目的別ローンで対応することが多いようです。

クレジットカード会社が提供しているブライダルローンはというと、結婚式場と提携している場合が多く、クレジット会社が指定する結婚式場で挙式をあげることが融資の条件となっていることが多いです。

銀行の金利はだいたい5%から7%が相場となっていますが式場提携タイプのローンの場合、6.0%から15.9%と高めになっています。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社の中にも銀行同様に低金利なものもあります。

その中でもジャックスの「プレシャンテ」は金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上に限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで通常のカードローンと比べて低い金利でお金を借り入れることができます。

銀行カードローンや消費者金融だと、無利息期間が用意されていたりしますがブライダルローンは目的別ローンなので無利息サービスはありません。

結婚に関する資金を無利息でと考えているのであれば無利息期間があるカードローンでブライダル資金を借り入れるのがいいでしょう。

カードローンなら初回利用者は30日程度の無利息期間が設けられていますからご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

カードローンというと、金利が高いイメージがありますが無利息期間内に完済できるものであれば、どれだけ金利が高くても関係ありません。

総量規制というのは、収入の三分の一を超える融資を禁止した規制で消費者金融などの貸金業者に対してこの規制がかけられるというものです。

結婚式は250万円から350万円かかりますから総量規制が考慮すると、750万円から1 050万円の年収が必要になることになります。

若い夫婦であればそんな約1000万の収入なんてないでしょうし、すでにカードローンを利用している人は不安になってしまいますよね。

しかし、銀行であれば。

貸金業法は関係ありませんし信販会社のクレジット払い(立て替え払い)も割賦販売法が適用されますので総量規制の対象外です。

ただし、クレジットカードのキャッシングは貸金業法の適用により総量規制の対象となります。

ブライダルローンを申し込む際の必要書類は申込書や本人確認書類、収入証明書などがあります。

又、勤続年数や雇用形態を融資条件にあげているところも多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローン対象外になることがありますのでご注意ください。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーを取り融資を受けた金融機関に提出しなければいけません。

ブライダルローンというものは結婚に類する出費にしか使えないという制約があるのですが結婚式や披露宴のほかにも新婚旅行であったり、新居の購入費用にローンを充てることも認められています。

新居を購入する場合大半のお方は住宅ローンを組むと思いますがその際に頭金があると金利が優遇されたり審査に通りやすくなるなどのメリットがあります。

通常、住宅ローンの頭金は多く用意できるほうが良いとされていて物件価格の2割から3割程度、用意しておくことができれば安心です。

つまり、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円必要ということですからとてもじゃありませんが、一朝一夕で用意できる金額ではありません。

ブライダルローンで借り入れたお金を住宅ローンの頭金の一部に回してしまえば低金利での資金調達が可能となるのです。

ブライダルローン審査を徹底分析

楽天銀行にはブライダルローンがあり金利は固定金利で年7.0%、最高融資金額は300万円で楽天銀行の融資額は1人あたり最大で500万円までとなっていることです。

つまり、すでに楽天スーパーローンで300万円のローンを組んでいるという場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込に必要な書類は本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類で融資実行後に、領収書など支払が確認できる書類を1か月以内に提出することが義務付けられています。

ローンを考えている人で、キャッシングを利用している人はブライダルローンを申請する前に借入残高の確認をしなければなりません。

ブライダルローンの借入先として消費者金融を考えているという人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える融資を受けることはできませんので事前にきちんと計算をしておきましょう。

銀行でも1人当たりの貸付総額が定められている場合がありますのですでにカードローン利用している銀行から融資をと考えている人は特記事項に注意が必要となります。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで融資を受けることができますが1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがみずほ銀行で無担保ローンを利用している人は、貸付残高(ブライダルローンを含む)が前年度の税込年収の50%以内に抑えられてしまうというシステムになっています。

ブライダルローンというものは、結婚に使途を限定してお金を貸してくれるサービスで一般的なカードローンと比較すると低金利で融資を受けることができます。

消費者金融やカードローンには無利息期間があったりしますが、ブライダルローンは目的別ローンですから無利息サービスというのはありません。

もし、結婚に関する資金を無利息で借りたいのであれば無利息期間が設けられているカードローンでブライダル資金を借り入れることをおすすめします。

消費者金融のカードローンであれば、初回利用者は約30日の無利息期間が設けられていることが多いのでご祝儀で完済できる額であれば、実質無利息で借入が可能なブライダルローンということになります。

消費者金融のカードローンというと高金利のイメージがありますが無利息期間内に返済できてしまう場合、金利が高くても関係ありませんね。

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですが何を決め手にして選べばいいのでしょうか?ブライダルローンは資金用途が制限されたローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れはできませんしジャックスだと、使途に挙式と披露宴が含まれていれば、それ以外の費用も認めてくれるというものです。

ブライダルローンの選び方で重要なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

低金利かつ融資限度額が大きいことに超したことはないのですがしっかりシミュレーションをし、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが両者には大きな違いがいくつもありますので注意が必要です。

まず、ブライダルローンというものは、銀行や信販会社が提供している目的別ローンなのに対しカードローンは消費者金融等が提供しているフリーローンと呼ばれるものです。

貸出金利も大幅に違っていて、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

申込手続きや審査は、ブライダルローンは複雑で時間がかかるのですが、カードローンは比較的簡単な審査が多く、即日融資が可能なサービスも多くあります。

参考:ブライダルローンはアコムがおすすめ?【無利息で借りる条件?】

しかし、ブライダルローンは借入限度額が数百万円単位と大きいですがカードローンだと、は実績を積まなければ数十万円程度しか借りられません。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが融資を受けることには変わりませんので、事前にシミュレーションをすることがとても大切です。

結婚式にかかる費用だけでも300万円が相場と言われていますからまずは相場の金額で毎月の返済額や金利を含めて計算しましょう。

借入金が300万円でボーナス払いは無し、金利は7.0%、毎月4万円という感じで計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀の支払のあてにしようと思っても結婚式は赤字になるのが一般的ですから、300万円ほどの結婚式で100万円くらいは赤字となるようですそうなると、ご祝儀目当てで100万円のローンを組めばいいと考えがちですが必ずしも手に入るとは限らないお金なので、当てにするのは危険です。

ブライダルローンの必要書類は一般のカードローンと一緒で、本人確認書類、収入証明書などになります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務先や勤続年数、正社員であることなどが記載された勤務証明書が必要になることもあります。

ブライダルローンは目的別ローンなので使用目的が限られていますから結婚式場などの請求書や見積書も必要です。

既に支払ってしまっている場合はローンの対象外になることがありますから、支払う前によく確認することが大切です。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーをとって、借入をした金融機関に提出します。

結婚資金と言うと挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪などこだわればこだわった分大金が必要になります。

結婚資金というはお式以外にも新婚旅行や新居の入居費用も含まれますので式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

ブライダルローンは多額の資金を低い金利で融資してくれるわけですから通常のカードローンよりも審査はかなり高く厳しいと言われています。

審査の重要なポイントは借主に返済能力があるかです。

本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人が必須となる場合もあります。

銀行のブライダルローンは楽天銀行などの専門のローンを提供しているところもありますが一般的には多目的ローンや目的別ローンといった形で対応することが多いようです。

一方でクレジットカード会社が提供しているブライダルローンもあるのですが、こちらは式場と提携しているケースが多く、クレジット会社指定の式場で結婚式をあげることが融資を受ける条件になっていたりします。

銀行のブライダルローンの金利の相場は5%から7%ですが式場提携タイプは6.0%から15.9%と高めです。

金利面から判断すると銀行のブライダルローンのほうが有利に思えますが、クレジット会社の中にも、銀行と匹敵するほどの低金利なものもあります。

その中イチオシなのがジャックスのプレシャンテです。

金利6.5%と楽天銀行よりも低金利な上、限度額は500万円ですし、クレジット対応ということから口コミ評価は高いです。

決して、ご祝儀を当てにしてはいけません。

300万円の結婚式を挙げた場合、ご祝儀で全額回収することは難しいと言われており100万円程度の赤字がでるというのが常識です。

例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待者数が70人だと、ご祝儀の総額は210万円ということになりますので、90万円の赤字になります。

300万円分ご祝儀が集まりますので、完済しきれるはずです。

ブライダルローンというローンは結婚費用に限定された目的別ローンなので結婚に関する費用でしか使い道は許されていません。

使い道が限られている目的別ローンとなっておりリフォームローンや教育ローンなどと同じ種類です。

認められている使い道には挙式・披露宴のほかに新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明できる書類が必須となっているところです。

具体的には、結婚式場が発行した見積書や請求書、予約確認書など支払予定のもので支払完了後に、領収書や振込控えなどの写しの提出が必要となることもあります。

貸付金額は10万円から300万円、利率は6.0%から13.2%です。

満20歳以上で安定した収入がある人であれば申込むことができ申込に必要な書類は本人確認書類や資金の使途を証明する書類の写しとなりますがブライダルプランでの借り入れを含めてオリコでの借入れ額の合計が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要になります。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も前年度所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行やクレジットカードを扱っている信販会社などでサービスが提供されています。

通常のカードローンと比べて金利が低くおすすめなのですが、カードローンよりも手間や時間がかかるというデメリットもあります。

カードローンというものは借り入れたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関連した資金と言っても挙式や指輪代といった結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や引っ越し費用などかなりのお金が必要になってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

みずほ銀行にはブライダルローンというサービスの提供はありませんが結婚費用にも使える「みずほ銀行多目的ローン」が用意されています。

多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%で、又、現在みずほ銀行で証書貸付ローンを利用中、または利用していた人は年0.1%の金利引き下げサービスも享受できます。

申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数(自営業の場合は営業年数)が2年以上必要で、前年度税込年収が200万円以上となっています。

ブライダルローン組む際に1番多く費用が掛かるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、相場はいくらぐらいなのでしょうか?番多いのは300万円から350万円の価格帯で全体の約15%を占めており次点で400万円から500万円(12.4%)、その次が350万円から400万円(10.9%)となっています。

全国平均は専門誌やサイトによってばらつきはありますがおおよそ250万円から350万円の範囲が相場のようです。

結婚にかかる費用というものは挙式・披露宴のほかにもいろいろあり新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

関連ページ