ブライダルローン審査って?通らないはどう?

ブライダルローンは低金利なのか?

ブライダルローンは結婚式のために借りるという大義名分はありますが金融機関からお金を借りることには変わりないので、事前にシミュレーションをすることが肝心です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでまずは300万を想定し毎月の返済額や、借入金利を含めて計算してみましょう。

借入金が300万円、ボーナス払いナシ、金利7%、毎月4万円という数字で計算してみたところ、支払回数が100回で、支払期間は8年3か月となりました。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので300万円規模のお式で100万円くらいは赤字になる人が大半です。

ご祝儀目をあてこんで100万円のローンを組めば良さそうと思うかもしれませんが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

貸付金額は10万円から300万円、利率は6.0%から13.2%です。

申込資格は満20歳以上で安定した収入がある人と規定されているだけなので収入や勤続年数などの条件は特にないようです。

返済期間は6か月から最長で84か月あり、融資金額が50万円以下の場合は最長48か月(4年)になります。

申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、オリコでの借入れ額の合計が50万円を超えてしまう場合は所得証明書類の提出が求められます。

又、オリコ以外にも他の貸金業者からの借金総額が100万円を超える場合も直近3カ月以内の支払調書などの所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれますが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済はというと、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し、残った金額が元本に充てられるということになります。

つまり、返済期間が長ければ長いほど利息の返済がかさみますのでなるべく返済期間を短くして早めに完済してしまった方が支払総額を抑えることができるのです。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば多少無理をしてでも一括返済してしまうことをおすすめします。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは親に援助してもらって、ゆったりと返済するのも、ひとつの方法です。

楽天銀行では目的型ローンブライダルというブライダルローンを提供していて楽天会員の方であれば簡単にオンライン手続きが可能です。

金利は固定金利で年7.0%、最大借り入れ額は300万円となっており月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは楽天銀行の融資額は1人あたりMAX500万円までと決まっていることです。

ブライダルローンでは200万円までしか借りられなくなってしまいます。

ローンの申請には本人確認書類、収入証明書、資金使途確認書類などが必要になるほか、ブライダルローンというサービスを提供している金融機関は数多ありますがどのようなポイントに着目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンというローンは資金の使途が限定されているローンなのですが借りたお金の使い道に関する制限は金融機関によって異なることがあるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行は新婚旅行費用だけの借入れは不可とされていますしジャックスの場合は、挙式と披露宴含まれていればそれ以外の費用にも利用できるとされています。

ブライダルローンの選び方で肝心なことはブライダルローンの使途の範囲がどこまで認められているかをということです。

金利が低く融資の限度額が大きければ大きいに超したことはありませんが毎月の返済額や最長返済期間なども考慮して無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など数百万円単位の大金が必要になります。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用などそれぞれに数十万円もの費用が必要になるでしょう。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査の重要なポイントになるのは借主に返済能力があるかないかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

ブライダルローンでは保証人は必須とはされていないのですが審査の結果によっては保証人を付けることが融資の条件となる場合もあります。

ブライダルローンで頭金支払い

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行や信販会社などが提供しています。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

カードローンは借りたお金は自由に使う事ができますがブライダルローンで借りたお金は結婚に関する出費でのみ使用が認められています。

結婚に関わる資金と言っても結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用、家具や家電の購入代金など色々とお金が入用となってきます。

結婚資金を貯めてから結婚するという人も多いですが、低金利のブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです。

ブライダルローンは結婚に関する費用にしか使えないという制限がありますが結婚式以外にも新居の購入費用などにも用途が認められています。

新居を購入する場合大半のお方は自営業の住宅ローンを組むと思いますが頭金があれば金利が優遇されるなどメリットがあります。

自営業の住宅ローンの頭金は多ければ多いほど良いと言われていて物件価格の2、3割程度用意できれば安心です。

この計算に基づくと、2000万円の物件を購入するときの頭金は400万円から600万円となりますので簡単に用意できる金額ではありませんよね。

そこでブライダルローンで借りたお金を住宅ローンの頭金の一部に回せば低金利で融資を受けることが可能となります。

ブライダルローン組む際に重要になるのが結婚式の費用ですが挙式と披露宴でどれくらいかかる相場なのでしょうか?全体の15%を占めているのは、300万円から350万円の価格帯で次点は400万円から500万円、次いで350万円から400万円という価格帯が相場のようです。

全国平均は調査した専門誌やサイトによってばらつきがありますがおおよそ250万円から350万円の範囲に収まっています。

結婚にかかる費用というのは挙式や披露宴以外にもあり新婚旅行の旅費や新居の引っ越し代などプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス2、30万円はかかることを見積もってローンを組む必要があります。

ブライダルローンは低金利でお金を貸してくれますが借金には変わりないので返済期間が長いほど利息は多くなってしまいます。

月々の返済内容は、まず1回の返済額を決めてから、その範囲内で利息を優先して返済し残った金額が元本に充てられます。

つまり、返済期間が長いほど利息が多くなるのでなるべく早めに完済してしまう方が支払総額を抑えることができるのです。

借入総額が御祝儀で賄えるようであれば無理をしてでも一括返済してしまったほうがおすすめです。

ご祝儀総額が一括返済に足りないときは夫婦でしっかり契約をたてしっかり返済してきましょう。

ブライダルローンとカードローンはキャッシングと言う意味では同じかもしれませんが二つには大きな違いがいくつもあります。

ブライダルローンというローンは銀行や信販会社が提供する目的別ローンで、カードローンというものは、銀行や消費者金融業者がサービスを提供しているフリーローンです。

貸出金利についても大きく異なり、ブライダルローンは5%から7%であるのに対してカードローンだと3.0%から18.0%という高金利が相場です。

手続きや審査に関してはブライダルローンは複雑で時間がかかるのに対しカードローンは審査がスピーディーで、即日融資をウリにしているサービスも多くあります。

しかし、ブライダルローンは借入限度額が大きいのに対しカードローンの場合、借入実績を積まなければ高額融資が受けられませんので、最初のうちは数十万円程度しか借りられないというデメリットがあります。

みずほ銀行には結婚専用のブライダルローンはありませんが結婚式や新婚旅行にも使えるみずほ銀行多目的ローンがあります。

返済期間は最長7年、融資金額は最大300万円という条件で、多目的ローンを含めた無担保ローンの借入残高が、前年度の税込年収の50%以内であることが条件となっており条件をクリアできないと融資を受けることができません。

固定金利は年6.700%なのですが申込ができる人は満20歳以上満66歳未満の人勤続年数は2年以上は必須で、前年度の税込年収は最低200万円以上必要となります。