ブライダルローン審査の通らないの件に関する私の体験談

オリコのブライダルローンはブライダルプランという商品名

金利は6.0%から13.2%で、融資可能金額は10万円から300万円となっています。

返済期間は6か月から最長で7年(84か月)を設定することができ申込時にロ本人確認書類、資金の使途を証明する書類の写しが必要になり、ブライダルプランでの借り入れを含めてオリコでの借入れ額の合計が50万円を超える場合は所得証明書類の提出が必要になります。

又、オリコからの借入れ合計額と他の貸金業者からの借入れ合計額が100万円を超える場合も前年度所得証明書類の提出が必要になります。

ブライダルローンを借りる際に返済方法で悩む人は多いと思いますが決して、ご祝儀を当てにしてはいけないということを先に伝えておきます。

仮に300万円の結婚式を挙げたとして、その挙式費用をご祝儀で全額賄うことは不可能といわれており100万円程度の赤字になるというパターンが多いようです。

例えば1人あたり3万円のご祝儀をくれたとしても招待する人数が70人の場合はご祝儀の総額は210万円となり90万円の赤字になります。

頑張って100人招待できればギリギリ300万円集まりますから、完済できる計算になります。

実際にブライダルローンをご祝儀にて一括返済できたという人は全体の45%程と言われていますが残りの55%の人たちは一括返済できなかったということです。

金利は固定で年7.0%、借入可能金額は最大300万円、月々の返済額は1万円からなので、無理のない返済が可能です。

楽天銀行から借入をする際に気を付けたいことは仮に既に楽天スーパーローンで300万円の借入れしている場合はブライダルローンでは200万円までしか借りることができないという事です。

申込に必要な書類は本人確認書類などがあり融資を受けた後は領収書等、ローンを正しい使途で使ったことを証明できる書類を1か月以内に提出するように義務付けられています。

現在、カードローンなどでキャッシングを利用しているという方はブライダルローンに申し込む以前にまずは借入残高を確認しましょう。

融資先に消費者金融を検討している人は総量規制が適用されますから年収の1/2を超える借金はできまませんので、事前に計算をしておきましょう。

銀行でも、1人当たりの貸付総額が決っている場合がありますのですでに、カードローンなどを利用している銀行からさらに追加で融資を望んでいるという場合は特記事項に注意が必要です。

楽天銀行のブライダルローンは300万円まで借りることができますが、1人当たりの貸付総額が500万円と決められていることから、楽天スーパーローンを300万円借りている人は200万円までしか融資を受けられないことになります。

みずほ銀行の最大融資額は300万円となっているのですがすでにみずほ銀行でローンを組んでいる人は、ブライダルローンを含めた貸付残高が前年度の税込年収の50%以内という条件になっています。

ブライダルローンは結婚のためにお金を貸してくれるサービスのことで銀行やカード会社などが提供しています。

一般のカードローンよりも金利が低いというメリットがある一方で、普通のカードローンと比べて手間や時間がかかるというデメリットもあります。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンは、結婚のため以外には利用できません。

結婚に関わる資金と言っても挙式や披露宴、婚礼衣装、結婚指輪など結婚式に関する費用以外にも新婚旅行や新居への引っ越し費用などかなりのお金が必要です。

結婚資金を貯めてから結婚を考えるという方も多いと思いますが、1日でも早く結婚したいと考えている方は、金利が低いブライダルローンの利用がおすすめです。

ブライダルローンというものは、結婚式のために借りると言う方が大半かと思いますが融資を受けることには変わりませんので、事前にシミュレーションをすることがとても大切です。

結婚式費用だけでも300万円が相場なのでそこから毎月の返済額やボーナス払い、借入金利を含めて計算します。

借入金が300万円でボーナス払いナシ、金利7.0%、毎月4万円で計算しますと、支払回数は100回で、支払期間はなんと8年3か月もかかってしまうことがわかりました。

ご祝儀で返済を考えていても結婚式は赤字になるという人が多いので100万円くらいは赤字になる人が多いようです。

そこで、ご祝儀を想定し100万円のローンを組めば不足分を補えるのではと考えがちですが想定していたご祝儀が絶対受け取れるというわけではありませんから、ご祝儀を当てにするのは危険です。

ブライダルローンというローンを申し込む時に必須となる必要書類

普通のカードローンと同様、申込書や本人確認書類、収入証明書などになります。

勤続年数や雇用形態といった勤務状況を融資条件にしている所も多く勤務証明書を求められる場合もあります。

ブライダルローンは使用目的が限られているローンなので結婚式場や旅行会社などの請求書や見積書も必要となります。

既に払いを済ませてしまったところがある場合はローンの対象外になることがあります。

ブライダルローンを利用して支払った結婚式場や旅行会社などの領収書や振込控えなどはコピーをとってローンを組んだ金融機関に提出することになります。

ブライダルローンと言うローンを提供している金融機関はたくさんあるのですがどのような点に注目して決めればいいのでしょうか?ブライダルローンは使途が限られているローンなのですが借り入れた資金の使途に関する制限は各金融機関によって違う場合があるので注意が必要です。

例を挙げると、楽天銀行の場合は新婚旅行費用だけの借入れは不可となっていますしジャックスの場合には、挙式と披露宴の費用が含まれていることで、それ以外の費用も認められます。

つまり、ブライダルローンの選び方で大切なポイントはブライダルローンの使途の範囲がどこまで容認されているかということになります。

低金利で融資限度額が大きいに超したことはありませんが毎月の返済額のシミュレーションを行い、無理のないプランが組めるローンを選びましょう。

ブライダルローンで1番かかるものといえば結婚式の費用ですが挙式と披露宴を行う場合、いくらくらい掛かるのが相場なのでしょうか?全体の15%を占めているのは、300万円から350万円の価格帯で第2位は400万円から500万円(12.4%)、第3位は350万円から400万円(10.9%)となっています。

相場の平均は調査した専門誌などによって多少のばらつきがありますが約250万円から350万円程度のようです。

結婚にかかる費用は挙式だけでなく新婚旅行費、新居の礼金敷金・賃貸料、家具や家電などでプラス100万円以上かかってしまいます。

更におめでたとなると、出産費用やおむつなど準備も必要になりますのでプラス20万から30万円多く見積もっておくと安心です。

ブライダルローンというローンは結婚のためにお金を融資てくれるサービスのことで銀行や信販会社などでローンを組むことができます。

一般的なカードローンと比較すると金利が低くおすすめなのですが、通常のカードローンよりも手間や時間がかかるのは否めません。

また、普通のカードローンは借りたお金は自由に使えますがブライダルローンで借りたお金は結婚のために利用する以外には認められません。

結婚に関連した使途と言っても結婚式は勿論のこと新婚旅行や新居への入居費用など色々とお金が必要になってきます。

まずは結婚資金を貯めてから…と考えている人も多いと思いますが、ブライダルローンを利用すれば、新婚生活が早くスタートできるのでおすすめです!ブライダルローンはその名のごとくブライダルに限った目的別ローンなので結婚に関する費用でしか使い道は許されていません。

ブライダルローンは目的別ローンと呼ばれるローンでリフォームローンや教育ローンなどと同じタイプのローンということになります。

ブライダルローンの使い道として認められているものは、挙式・披露宴や衣装代のほかに新婚旅行費や、新居への引っ越し費用や礼金敷金なども認められています。

フリーローンと何が違うのかというと使い道を証明できる書類がないと融資が下りないということです。

結婚式場が発行した見積書や請求書の提出が必要となり支払完了後には領収書や振込控えなどが必要になることもあります。

結婚資金といえば、挙式や披露宴、衣装代、結婚指輪、引き出物など100万円単位の大金が必要になってきます。

お式以外にも新婚旅行や新居の入居費用など式以外にも百万程度はかかることが考えられます。

ブライダルローンはそういった資金を低い金利で貸してくれるわけですから普通のカードローンと比較して審査の基準はかなり高く厳しいものになります。

審査のポイントは借主に返済能力があるかを確かめる信頼度のチェックなので本人確認書類の他に給与証明書や源泉徴収票なども必要になります。

基本的にブライダルローンでは保証人は必要ありませんが審査の結果によっては保証人を立てる事で融資を受けられるという条件が付くこともあります。